公演詳細


【 公演中止 】 民俗芸能公演 重要無形民俗文化財「道の島々から(与論の十五夜踊)」


日時

公演日:2013/10/13 (日)

開演時間:14:00
終演時間:

会場 大劇場
入場料

一般:3,000円 (全席指定)

公演内容

※本公演は、与論島に襲来した台風24号の被害が深刻であり、出演予定者の出演が困難であることから、公演中止といたします。


-演目-


 室町時代から脈々と伝わるユンヌンチュ(与論人)の魂とも言える伝統芸能が国立劇場おきなわの舞台に登場!

 沖縄本島の北隣に位置する与論島に室町時代(1561年)から脈々と伝わる「与論の十五夜踊」は、「嶋中安穏・五穀豊穣」を祈る行事として、旧暦の三月・八月・十月の十五夜に神前に奉納される芸能です。
 踊り手は「一番組」と「二番組」に分かれ、一番組の踊りは室町時代の狂言等から取材した本土風のものを、二番組の踊りは与論・奄美・琉球から取材した琉球風のものを、双方が交互に奉納します。一番組の踊りは仮面を使った寸劇仕立てのもので、二番組は「シュパ」という頭巾をかぶり集団で手踊り・扇踊りをみせます。
 「与論の十五夜踊」は、琉球と日本本土の芸能の特色が混じり合って残っており、文化交流の歴史を偲ばせる大変珍しい芸能でとして、国の重要無形民俗文化財に指定されています。


[演目]〈順不同〉
 ・雨賜り (二番組・一番組合同)
 ・一度いふて (二番組)
 ・三者囃子 (一番組)
 ・この庭 (二番組)
 ・二十四孝 (一番組)
 ・今日のふくらしゃ (二番組)
 ・大熊川 (一番組)
 ・君様 (二番組)
 ・頼朝公 (一番組)
 ・獅子舞 (二番組)
 ・長刀 (一番組)
 ・六十節 (二番組・一番組)
 ・沖泊り (二番組)

[出演] 与論十五夜踊り保存会

※演目等は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

国立劇場おきなわチケットカウンター
(国立劇場おきなわチケットカウンター:098-871-3350)