ご案内

第31 国立劇場おきなわ伝統芸能公開講座

吹く -笛や笙、篳篥など、中国と日本の吹く楽器-

 
 
日時
 
 
テーマ
 
講 師
 平成29年10月21日(土) 14:00~
 
吹く 
-笛や笙、篳篥など、中国と日本の吹く楽器-
 (講師) 
 長嶺 亮子(沖縄県立芸術大学非常勤講師)
 茂木 仁史(国立劇場おきなわ調査養成課長)
会 場
 国立劇場おきなわ3階 会議室
チラシ(詳細)
公開講座チラシ
定 員
 40名(要申込み・先着受付順)・無料
内 容

 中国と日本の、息を「吹く」ことで音を発する楽器の講座です。

 

 11月25日(土)の国立劇場おきなわ・アジア・太平洋地域の芸能公演「吹く」に先立って行い、「吹く」楽器についての理解を深めます。

 

  第一部 日本の「吹く」楽器について  茂木 仁史(45分)

  第二部 中国の「吹く」楽器について  長嶺 亮子(45分)  ※休憩10分

 

 【講師】

長嶺 亮子

  沖縄県立芸術大学非常勤講師。専門は民族音楽。特に漢民族の芸能文化。

 

茂木 仁史

  伝統芸能の企画制作を長く務め、今は国立劇場おきなわの調査養成課長。

申込方法
 下記までお電話又はFAXにてお申込みください。
(受付:平日 午前10時~午後5時)
 
【申込先】
  国立劇場おきなわ 調査養成課 調査資料係
 TEL:098-871-3318  FAX:098-871-3325