公演詳細


企画公演 新作組踊「さかさま『執心鐘入』」(さかさましゅうしんかねいり)


日時

公演日:2017/03/25 (土)

開演時間:14:00
終演時間:16:00

会場 大劇場
入場料

3,100円

公演内容

数多くの新作組踊を発表してきた芥川賞作家・大城立裕氏の新作組踊「さかさま『執心鐘入』」が8年ぶりに登場です。
本作品は、玉城朝薫作の「執心鐘入」の後日談として喜劇タッチに描かれ、好評を得ました。本公演では、新作組踊の上演と併せ、第一部にて「執心鐘入」を語り組踊として上演し、音楽や詞章の魅力をあらためてご紹介します。
組踊の持つ新たな世界をどうぞお楽しみ下さい。


-演目-


【第一部】
語り組踊「執心鐘入」
監修/眞境名正憲

〔唱え〕
眞境名正憲
親泊久玄
石川直也
新垣悟

〔歌三線〕
照喜名朝國
花城英樹
新垣俊道
仲村逸夫

〔箏〕(#1)
名護みのり・新垣和代子
〔笛〕
入嵩西諭

【第二部】
新作組踊「さかさま『執心鐘入』」
作 /大城立裕 演出/嘉数道彦
振付/阿嘉修  音楽/仲村 逸夫
演出助手/川満香多

(あらすじ)
執心鐘入の物語の後も鬼女の恨みで寺の鐘が鳴る。座主は鐘の供養をするが、またも鐘が独りでに鳴る。すると、一人の娘が男に追われて寺に駆け込んでくる。座手と小僧たちは鐘の中へ娘を隠すのだが、追ってきた男とは・・・もう一つの物語がはじまる。

[配役]
小僧一/東江裕吉
小僧二/宮城茂雄
小僧三/阿嘉修
座主/宇座仁一
女一/知花小百合
女二/川満香多
中城若松/佐辺良和
玉城朝薫/大湾三瑠

[地謡]
歌三線/玉城和樹・平良大・和田信一
箏/池間北斗
笛/入嵩西諭
胡弓/森田夏子
太鼓/宮里和希

(#1)出演者の追加・・・第一部語り組踊に「箏 名護みのり・新垣和代子 笛 入嵩西諭」を追加
※演目、出演者等は変更となる場合がございます。あらかじめご了承ください。

国立劇場おきなわチケットカウンター