2018年6月公演一覧


前月公演一覧次月公演一覧

平成30年度 第23回 海邦組踊シリーズ
貸劇場公演 【組踊】
日時 2018年06月03日(日)
13:30 17:30 ※二回公演
入場料 前売 2,000円 当日 2,500円
野村流伝統音楽協会 (大城) 090-9784-4485 (市成)090-3793-5015

研究公演 女性の演じる組踊
自主公演 【組踊】
日時 2018年06月09日(土)
14:00
入場料 3,100円
公演
内容
 戦後、組踊は多くの女性舞踊家によって、その技芸が継承されてきました。本公演では、現在の組踊の礎を築いた先達演者の薫陶を受けつつ、多くの舞台で、若衆・女役として主演を務めた、佐藤太圭子、古謝弘子の両氏を演出に迎え、組踊の名作二題を上演。
 女性が演ずることで、作品の魅力がより引き立つ演目を選定、女性実演家を起用し、技芸の継承を図るとともに、女性ならではの視点から演出を試み、組踊の新たな可能性を探ります。
国立劇場おきなわチケットカウンター

恩師礼讃ふるさと公演~島々の歌と踊り~
貸劇場公演 【琉球舞踊】 【音楽】
日時 2018年06月10日(日)
13:30
入場料 (前売)3,000円(当日)3,500円
TEL:03-3252-8544/090-1510-5808(伊良皆)

第24期同友会大学入学式・第1講記念講演
貸劇場公演 【】
日時 2018年06月16日(土)
15:00
入場料 1,000円

民俗芸能公演 八重山諸島の芸能 ~黒島の伝統芸能~
自主公演 【民俗芸能】
日時 2018年06月24日(日)
14:00
入場料 3,100円
公演
内容
 民俗芸能の宝庫と呼ばれる八重山諸島。今回はその中から、石垣島の南南西へ17㎞、西表島との間に位置する、牛の島として有名な黒島の伝統芸能をご紹介します。黒島では、全ての穀物の収穫を済ませた旧暦の6月に、豊作を神に感謝し、翌年の豊作を祈願する「豊年祭」が行われます。また、五穀豊穣、子孫繁栄、無病息災などを祈願し、棒術や舞踊等を奉納する旧暦9月の「結願祭」、旧暦1月1日の「旧正月」には、来夏世の世果報(ユガフー)と無病息災を祈願し、迫力あるツナヌミンや大綱引きなどが賑やかに行われます。
 本公演では、これら黒島の三大行事の奉納芸能から、結願祭・豊年祭の芸能を上演します。
 八重山の民俗芸能の豊かさ、素晴らしさをどうぞご堪能ください。
国立劇場おきなわチケットカウンター

島口説
貸劇場公演 【沖縄芝居】
日時 2018年06月29日(金)
19:00
入場料 (前売/当日)3,000円 (18歳以下)2000円
エーシーオー沖縄 Art Community Organization TEL:098-943-1357 FAX:098-887-1334 www.acookinawa.com

普及公演 組踊鑑賞教室「銘苅子」
自主公演 【組踊】
日時 2018年06月30日(土)
14:00
入場料 一般2,100円 団体1,600円
公演
内容
沖縄が世界に誇る伝統芸能「組踊(くみおどり)」(ユネスコ無形文化遺産・国指定重要無形文化財)。
 本公演では、初めてご覧になる方も組踊をお楽しみいただけるよう、第一部では、案内役が鑑賞のポイントや見どころを、観客の参加体験を交えて親しみやすくご紹介します。第二部では、親子の深い情愛を描いた名作「銘苅子」をご覧いただきます。
是非この機会に、沖縄の誇る伝統芸能「組踊」の舞台をお楽しみください。

【組踊「銘苅子」ゆかりの地めぐりツアー開催!】
人気ガイド「賀数仁然」氏と「銘苅子」の舞台となった泉や首里城周辺の聖域をめぐり、人気実演家による組踊ワークショップを体験後、本公演をご堪能いただくツアーを開催します。詳しくは→http://www.nt-okinawa.or.jp/topics-list/614-2016-10-03-05-42-117
国立劇場おきなわチケットカウンター

島口説
貸劇場公演 【沖縄芝居】
日時 2018年06月30日(土)
14:00
入場料 (前売/当日)3,000円 (18歳以下)2000円
エーシーオー沖縄 Art Community Organization TEL:098-943-1357 FAX:098-887-1334 www.acookinawa.com