民俗芸能公演一覧


21件 ~ 34件 (34件) < 1 2

企画公演 アジア・太平洋地域の芸能「インド伝統芸能」
自主公演 【民俗芸能】 本公演は終了しました。
日時 2012年11月25日(日)
14:00
入場料 一般:3,500円(全席指定)
公演
内容
 日印国交樹立60周年にあたる今年、国立劇場おきなわでは、日本(沖縄)インドの文化交流・友好親善を目的とする公演を上演いたします。
 インドのポピュラーミュージック界のトップ歌手であり、インド古典音楽「ガザール(Ghazal)」の歌い手でもあるペナーズ・マサーニー(Ms.Penaz Masani)氏をインドからお招きし、インドの伝統舞踊と古典音楽、「ボリウッド(Bollywood)」をテーマとしたインド映画ヒット曲とボリウッドダンスを上演いたします。
国立劇場おきなわチケットカウンター

民俗芸能公演  重要無形民俗文化財 「多良間島の八月踊り -塩川の芸能-」
自主公演 【民俗芸能】 本公演は終了しました。
日時 2012年10月14日(日)
14:00
入場料 一般:3,000円(全席指定)
公演
内容
本来は「八月御願(パチュガツウガン)」と呼ばれ、毎年旧暦の8月に仲筋と塩川の2カ所で行われる多良間の八月踊り。今回は塩川に継承される芸能を上演します。
国立劇場おきなわチケットカウンター

第29回公演記録鑑賞会 民俗芸能公演「日本の太鼓」 (国立劇場大劇場収録)
自主公演 【音楽】 【民俗芸能】 本公演は終了しました。
日時 2012年08月22日(水)
14:00
入場料 無料
公演
内容
記録用に録画された過去の公演作品を大型スクリーンでご鑑賞いただけます。
今回は、上映前に沖縄県立芸術大学博士(芸術学)の大城盛裕氏を講師にお招きし「沖縄の太鼓」について解説をしてもらいます。
国立劇場おきなわ調査養成課

アジア・太平洋地域の芸能 「韓国の伝統音楽と舞踊」
自主公演 【民俗芸能】 【その他】 本公演は終了しました。
日時 2011年11月13日(日)
14時
入場料 一般:3,500円 【全席指定】
公演
内容
【平成23年度(第66回)文化庁芸術祭主催公演】 
~悠久の歴史に培われた芸術性豊かな音楽と
       格調高い伝統舞踊のパフォーマンス ~
国立劇場おきなわチケットカウンター

第25回公演記録鑑賞会 第6回民俗芸能公演「沖縄・宮古・八重山の唄と踊り」
自主公演 【民俗芸能】 【その他】 本公演は終了しました。
日時 2011年08月31日(水)
14:00
入場料 無料
公演
内容
【鑑賞作品】
第6回民俗芸能公演「沖縄・宮古・八重山の唄と踊り」モノクロ123分  
(昭和44年年7月収録・国立劇場(東京))

国立劇場おきなわ 調査養成課

民俗芸能公演 「沖縄本島民俗芸能祭 ~恩納村~ 」
自主公演 【民俗芸能】 本公演は終了しました。
日時 2011年08月28日(日)
14時
入場料 一般:3,000円 (全席指定) 
公演
内容
毎年ご好評いただいている、国立劇場おきなわの民俗芸能公演。
今年は、沖縄本島民俗芸能祭と題して、本島北部 恩納村の六ヶ字
~ 名嘉真、安富祖、瀬良垣、恩納、南恩納、仲泊 ~ から、
各地区の、特色溢れる芸能の数々をお楽しみいただきます。
国立劇場おきなわチケットカウンター

民俗芸能公演「西表島 節祭の芸能」
自主公演 【民俗芸能】 本公演は終了しました。
日時 2010年12月19日(日)
開場:13時30分 開演:14時
入場料 3,000円(全席指定)
公演
内容
西表島の祖納と干立の両集落で、旧暦の8、9月に行われる正月儀礼の祭り「節祭」(しち)。
500年以上の伝統を誇るこの「西表島の節祭」のうち、祖納と干立、両集落の「ユークイ(2日目)」の芸能を中心に上演します。
また今回は、通常「豊年祭」でしか踊られない西表島独特の舞踊「仲良田節」(祖納)、「干立のトゥバイラマ」(干立)もあわせて披露いたします。
毎年、同日同時に行われるため、なかなか一度に見ることがかなわない、祖納と干立、両村の節祭を、今回は二部構成で連続して上演いたします。
無形民俗文化財としても大変貴重な西表島 節祭の芸能を、じっくりとお楽しみください。
国立劇場おきなわチケットカウンター

第22回公演記録鑑賞会 「八重山の舞踊と沖縄歌劇」Aプロ(第一部八重山の舞踊)
自主公演 【琉球舞踊】 【民俗芸能】 本公演は終了しました。
日時 2010年11月16日(火)
14時
入場料 無料(先着255名)
公演
内容
※鑑賞のお申し込みは、国立劇場おきなわチケットカウンター、国立劇場おきなわ運営財団調査養成課調査資料係のみとなります。プレイガイドでの受付はありません。

公演記録鑑賞会は、記録用に録画した作品を大型スクリーンで鑑賞します。
国立劇場おきなわ調査養成課調査資料係

【平成22年度(第65回)文化庁芸術祭主催】 アジア太平洋地域の芸能 「ベトナム、韓国、琉球・沖縄の獅子舞」
自主公演 【琉球舞踊】 【民俗芸能】 本公演は終了しました。
日時 2010年10月03日(日)
14時
入場料 3,500円
公演
内容
国立劇場おきなわチケットカウンター

民俗芸能公演 「沖縄本島民俗芸能歳時記」
自主公演 【民俗芸能】 本公演は終了しました。
日時 2010年08月15日(日)
14時・18時30分
入場料 昼夜各 3,000円(全席指定)
公演
内容
 毎年、旧暦8月10日前後に沖縄各地で行われ、五穀豊穣を神様に感謝する祭り「豊年祭」。これらの祭りは、その地域によって非常にバラエティーに富んだ表情を持っています。
 昨年大好評だった「国立劇場豊年祭」。今年は、その第2弾をお届けします。
 今回は「沖縄本島民俗芸能歳時記」と題し、本島北部から南部まで沖縄本島各地の特色ある芸能の数々をお届けいたします。

国立劇場おきなわチケットカウンター

民俗芸能公演 「国立劇場豊年祭」
自主公演 【民俗芸能】 本公演は終了しました。
日時 2009年08月16日(日)
14時 終演16時35分
入場料 3,000円
公演
内容
旧暦の8月10日前後に五穀豊穣を感謝し豊年を祈願する行事が沖縄諸島の各地域で行われています。
本公演ではその「八月遊び」や「豊年祭」の中から、各地の特色ある演目をごらん頂きます。
国立劇場おきなわチケットカウンター

企画公演 「太鼓の競演 ~夏打!~」
自主公演 【音楽】 【民俗芸能】 本公演は終了しました。
日時 2009年07月25日(土)
14時 終演:16時
入場料 3,500円
公演
内容
王朝文化からの太鼓、民衆文化からの太鼓、伝統を活かした芸術性を追求した太鼓・・・。
それぞれの太鼓が「夏」をテーマに競演。
力強く、荘厳に、賑やかに、夏に響き渡る「太鼓の競演」をお楽しみ下さい。
国立劇場おきなわチケットカウンター

民俗芸能公演「竹富島の種子取祭 玻座間村の芸能」
自主公演 【民俗芸能】 本公演は終了しました。
日時 2009年06月28日(日)
14時・18時30分
入場料 3,000円
公演
内容
竹富島の種子取祭りは毎年旧暦の9月・10月に廻りくる甲申から癸巳までの10日間をかけて行われますが、その七日目と八日目の二日間、玻座間村、仲筋村両村によって世持御嶽の前で各種の芸能が演じられます。その芸能の数々は、芸能的にも民族的にも貴重な内容を含むものとして、昭和52年に国の重要無形民俗文化財に指定されました。
今回の公演では、数多い芸能の中から七日目に行われる玻座間村の芸能の数々をお届けします。
国立劇場おきなわチケットカウンター

開場5周年記念公演「笑いの芸能」
自主公演 【民俗芸能】 本公演は終了しました。
日時 2009年01月25日(日)
14時
入場料 全席指定3,000円
公演
内容
沖縄県内の民俗芸能の演目の一つに「狂言」があります。沖縄でいう狂言とは「芝居」や「演劇」のことを言います。その内容は、滑稽なものや教訓的なものが多くあります。

本公演では、新年1月にすさわしく、現在継承されている県内各地の「村遊び」の中から、笑いをテーマにした「狂言」や「舞踊」を紹介します。

新年の幕開けを笑いの芸能でお楽しみください。 ♪笑う門には福来る♪♪
国立劇場おきなわチケットカウンター

<< 1 2